「薬」の記事一覧(3 / 4ページ)

ペニシリン系の抗生物質について!副作用やアレルギー反応は?

風邪などで病院に行った際に処方される抗生物質と呼ばれる薬、いろいろ種類もあり副作用も気になるかと思います。 そこで抗生物質の種類と副作用について書いていきたいと思いますが、数ある抗生物質の中でも今回は「ペニシリン系」の抗・・・

抗生物質の副作用は下痢?妊婦が服用出来る種類は?

抗生物質と一言にいっても種類が幾つかあり、それぞれ効果・効能が違います。 症状や原因に適したものを服用する必要がありますので、どれでも同じだろう??と考えて、家で余っている以前の抗生物質を服用しても効果が望めなかったり、・・・

バファリンとイブの違い!鎮痛剤の成分について解説!

頭痛が起きた時、また頭痛以外でも痛みを感じた時、製薬会社の調べによると約6割の方が市販薬などの頭痛薬を飲むようです。 頭痛薬とはつまり「解熱鎮痛剤」のことを指します。発熱した時、病院で処方される解熱剤も整形外科で痛み止め・・・

マイスリーが効かない?気になる効果と副作用について!

夜に眠れない、寝つきが悪いという不眠症は本当に辛いものです。明日も仕事や学校がある早く眠りにつかないといけないと、気持ちばかりが焦り、余計に眠れない状態に陥ります。 そんな不眠症ですが、一言に不眠症と言っても様々な症状が・・・

ロヒプノール錠1mgの副作用や強さは?効果持続時間も知りたい!

夜中に何度も目の覚めてのその後寝付けないという症状も不眠症の一つの症状の一つで、この様な症状を「中途覚醒」と言います。 今回ご紹介する睡眠薬の、ロヒプノールはその様な症状の方に良く処方されるお薬です。 この系統の睡眠剤は・・・

インフルエンザ予防接種の副作用で腫れや痛みがある期間は?

毎年冬になるとインフルエンザが猛威をふるいます。こまめなうがい・手洗いやマスクを着用する事も大切ですが、インフルエンザ予防接種を受けておくことも大切です。 しかし、インフルエンザ予防接種を受けると、注射を打った場所が赤く・・・

ロキソニンの効果や持続時間・副作用が知りたい!腰痛にも効く?

体のどこかが痛い時に病院に行くと、処方されるのがロキソニンです。この薬は市販薬もあり、便利な鎮痛剤として広く使用されています。 特に頭痛持ちの方や、腰痛がひどい方はお世話になる機会が多い薬ではないでしょうか?? ロキソニ・・・

クレナフィン爪外用液10%の効果や副作用・薬の特徴も気になる!!

爪水虫(爪白癬)は、治りにくい病気です。肌の水虫は塗り薬で治るのですが、爪水虫は今までは飲み薬でしか完治する事がなく、しかも半年程度の長期にわたって服用する必要があります。 2014年9月に爪水虫専用の塗り薬が日本で始め・・・

市販されているトローチは咳や痰への効果は?副作用も気になる!

風邪をひいたときなどに、喉の痛みや不快感をやわらげるためにトローチを使用することも多いと思います。 のど飴と違い、殺菌薬が配合されていて口内を殺菌してくれます。 今回の記事は「トローチ」について書いていきます、ぜひ参考に・・・

正露丸の副作用や効能(効果)について!!なんであんなに臭いの?

お腹が緩いとき、下痢のときにお世話になるのが「正露丸」です。 誰しもが一度はお世話になったことが、あるのではないでしょうか?? あの独特な臭いを放つ黒い丸薬は、100年以上の歴史を持ち胃腸薬としてご家庭などで常備されてい・・・

デパス錠0.5mgの効果や副作用!認知症と関係があるの?

夜に布団に入ると、寝つきが悪いく昼間には考えないような、悩みや不安が頭をよぎる、そしてますます眠れない。 この様な症状が数日続くのであれば、我慢も出来ますが、毎日毎日しかも長期にわたって続くと、仕事や日常生活にも大きな支・・・

ゲンタシン軟膏のへルペスやニキビへの効果・効能!!陰部にも使える?

ゲンタシン軟膏は抗生物質の入った抗菌外用薬です。 ニキビや肌荒れなどの、いろいろな皮膚感染症の治療に使われます。主成分はアミノグルコジド系の抗生物質です。 顔や陰部にも使用できる薬ですので、デリケートな部分にも安心して使・・・

リンデロンvg軟膏の効能や副作用!!市販薬や強さについても気になる!!

リンデロンvg軟膏は皮膚のかゆみや腫れ赤みなどの症状を改善する薬です。リンデロンではv軟膏やDP軟膏もあり中でもvg軟膏が広い用途に使われていて有名です。 リンデロンvg軟膏は細菌感染を伴う恐れのある湿疹や皮膚炎に適して・・・

ロコイドとキンダベートの違い!顔や陰部・赤ちゃんへの使用はOK?

顔や陰部、または赤ちゃんの肌に湿疹や発疹ができたときに、皮膚科で処方される外用薬の中でも、ロコイド軟膏とキンダベート軟膏は代表的な2つの薬です。 どちらの薬もステロイド薬で強さも同じ強さでが、比較的デリケートな部分に塗る・・・

アンテべート軟膏0.05%の強さと副作用は?顔や陰部に使えるの?

手の湿疹や虫刺されができたときに、皮膚科を受診すると良く処方される薬のアンテベート軟膏0.05%ですが、どういう場合に効果があり、どのように使用したらよいか。 どの部位に使用しようするか、副作用はあるのかなど気になります・・・

このページの先頭へ