頻繁な吐き気は病気の初期症状かも?女性が気を付けたい5つのこと!

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

頻繁な吐き気は病気の初期症状かも?女性が気を付けたい5つのこと!

女性


風邪を引いたり、疲れがたまった時などに吐き気が出ることがあります。

吐き気があると食欲がなくなったり、時には下痢をすることもあるでしょう。また、病気の初期症状として現れることもあるので注意が必要です。


風邪や食べ過ぎ・飲み過ぎで吐き気の症状がある場合はそれほど心配する必要は無いですが、思い当たることが無いのにいつまでも、吐き気の症状がある場合は心配です。

この記事では、吐き気が続くときにはどのような原因が考えられるのか?特に女性が気を付けたいことを解説していきます。

スポンサーリンク


妊娠の可能性について

妊娠の初期に見られるものに「つわり」があります。

妊娠すると、胎盤でヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが作られます。

また、プロゲステロンというホルモンの分泌量も増えていきます。これらのホルモンの働きにより、子宮内は妊娠を継続しやすい環境になるのです。


しかし、これらのホルモンは、妊娠の継続に不可欠なのですが、急激に分泌量が増えるため、体がこの変化に追いつかず、吐き気などの症状が出ると言われています。

これらのホルモンの分泌量が低下していくとともに、つわりも落ち着いていきます。



関連記事:つわりでえずく原因と4つの対処法!絶対に気を付けることはコレ!

妊娠悪阻と胞状奇胎

妊娠するとつわりを経験する人は多いのですが、中にはつわりの症状が強く出てしまう人がいます。

この状態を「妊娠悪阻」といいます。

ホルモンの急激な変化に体が適応できないことに加え、妊娠への不安やストレスなどが原因となり妊娠悪阻がおこると考えられています。


また、「胞状奇胎」になると、つわりが強く出ることが多いと言われています。

胞状奇胎の原因は、1つの卵子に2つの精子が侵入することと、受精卵の核がうまく分裂せず精子の核のみが分裂していくためにおこると考えられています。


胞状奇胎になると強いつわりに加え、切迫流産の症状を伴います。

さらに、胞状奇胎は「絨毛がん」へ移行する前段階の状態と言えるので、早めの受診が必要となります。

スポンサーリンク


逆流性食道炎

口から入った食べ物は、食道を通り胃に入ります。

食道と胃の間には「下部食道括約筋」があり、胃に入ったものは食道に逆流しないようになっています。

胃酸は強い酸性で、胃には酸から粘膜を守る防御機能がありますが、食道にはその機能がありません。

したがって、胃酸が食道に逆流すると、食道の粘膜にただれや潰瘍ができるようになってしまうのです。


この状態を「逆流性食道炎」といいます。

最近では20~30代の若い人でもこの病気になる人が増えています。逆流性食道炎になると、吐き気や胸焼けなどの症状が現れます。



関連記事:お腹の左上が痛い!食後に起こる症状の原因3つを徹底解説!

自律神経失調症

女性


自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるためにおこる病気です。

交感神経は活動的な時に働き、副交感神経は休む時に働く神経です。

自律神経は、心臓を動かしたり汗をかいたりするなど自分ではコントロールできない動きに関係している神経です。

この神経のバランスが崩れることで、吐き気やめまい、不眠などの様々な症状が現れます。



関連記事:自律神経がおかしい(乱れる)原因と整える4つのコツを解説!

スポンサーリンク


くも膜下出血

脳は、外側から「硬膜・くも膜・軟膜」の順に3枚の膜でおおわれています。

くも膜と軟膜の間には、「脳脊髄液」があり、この部分に出血をおこすのが「くも膜下出血」です。

くも膜下出血をおこす主な原因は、脳動脈瘤破裂や脳動脈奇形、頭部外傷などです。


くも膜下出血の症状は、突然起こる強い頭痛です。痛みの強さはこれまで経験したことのないようなほどで、出血量が多いとすぐに意識が無くなることもあります。


中には上記のように突然症状が出るのではなく、初期症状がみられる場合もあります。

くも膜下出血をおこす数日前から、頭痛やめまい、吐き気などが続きます。


これは脳神経などが脳動脈瘤や脳動脈奇形などにより、圧迫されることで起こると考えられています。

くも膜下出血は、女性に多く見られる病気で、20代でも発症することがあります。

くも膜下出血を発症すると、半数は亡くなったり重い後遺症をおこす病気です。

いつもと違う症状や、強い頭痛が現れた場合は、早めに受診することをお勧めします。



関連記事:吐き気を伴う、首の痛み・頭痛!女性は特に気をつけて!

まとめ

今回は、吐き気や下痢の症状がでる風邪以外で「吐き気」をおこす病気を見てきました。

続く吐き気は、妊娠の可能性もありますが、くも膜下出血のように命にかかわる重大な病気の可能性もあります。

吐き気以外の症状も合わせて観察し、いつもと違う場合は早めに受診することをお勧めします。



関連記事:ゲップがたくさん出る原因は?吐き気もある場合は病気なの?

スポンサーリンク


このページの先頭へ