目の奥がえぐられるように痛い!気を付けたい3つの病気と症状!

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

目の奥がえぐられるように痛い!気を付けたい3つの病気と症状!

目が痛い


パソコンやスマートフォンが普及してきた現代、目を酷使したことによる眼精疲労が問題視されてきています。

目の使い過ぎで、目の奥に痛みを感じたという経験をされた方は多いのではないでしょうか?


近年では、ブルーライトカット仕様の眼鏡が販売されていたりと対策方法も増えてきました。

しかし、明らかに目の疲労ではない激しい痛みの場合は他の病気も考えられます。


この記事では、そんな目の痛み(特に目の奥がえぐられるように痛い場合)に関する病気についてお話したいと思います。

スポンサーリンク


緑内障

急性の緑内障の場合、目の奥に痛みが出ることがあります。

緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害されて目の見える範囲が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病気の原因の1つと言われています。


40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障に罹患していると言われています。

似たような病名の「白内障」という病気をご存知でしょうか?病名は似ていますが、病状は全く異なります。


視神経を障害される緑内障に対し、白内障は目の中の水晶体(レンズ)が濁ることによって起こりますので、基本的に手術によって視力を回復させることができます。


緑内障は一度視神経が障害されると二度と元に戻すことはできませんので早期発見・早期治療が大事になってきます。

なので、緑内障の治療は病気の進行を遅らせる目的で行われます。


残念ですが、前述した通り一度障害を受けた視神経を戻すことはできませんので、これ以上悪化しないように進行を食い止めたり、進行を遅らせるしか方法はありません。


薬物療法・レーザー治療・手術などで眼圧を下げる治療が行われます。


急性ではない場合は、ほとんどの方が自覚症状のないまま緑内障になっていることに気付いていないことが多いです。

罹患率が上がる40歳以降は眼科の定期健診を受けた方が良いかもしれません。

身内に緑内障の方がみえる場合は罹患率が上がりますので、40歳になる前から定期健診を受けることをオススメします。

急性の緑内障の場合は、目の奥の痛みに伴って目の充血や頭痛・吐き気なども伴いますので、すぐに眼科を受診するようにしてください。


関連記事:片方の目の奥の痛みが治らない!5つの原因と対処法をチェック!

スポンサーリンク


くも膜下出血

急に頭の後ろを金属バッドで殴れた様な頭痛と吐き気とともに倒れてしまって救急車で運ばれるというイメージの病気です。

しかし、実は数日~1週間前より頭痛やめまい・目の奥の痛みや視覚障害などといった前兆が現れる場合があります。


そのため目の奥が痛い場合、この病気の可能性もあります。


脳にある動脈にコブ(動脈瘤・どうみゃくりゅう)があり、これが破裂することで頭の中で大出血を起こし、発症してしまった場合は約30%の方が亡くなってしまうというとても怖い病気です。


動脈瘤がどこにできているかにもよりますが、脳と目の神経は直接つながっていますので、動脈瘤が大きくなると視神経を圧迫しやすく、視覚障害が出たり、目の奥の痛みが生じてくるのです。


くも膜下出血は同じ家系内で起こることがありますので、身内でくも膜下出血を起こした人がいる方は脳ドッグを受けるのも1つの手かと思います。

目の奥の痛みがあったり、頭痛がある場合はすぐにでも脳神経科の受診をオススメします。

高血圧などの基礎疾患がある場合は合わせて治療を行い、禁煙・禁酒を心掛けて下さい。


未破裂瘤に対しては、破裂する確率や治療に伴う合併症を考えた上で、頭を開けて直接的に瘤の根元をクリップする「開頭クリッピング術」、もしくは足の付け根などの太い動脈からのアプローチでマイクロカテーテル(きわめて細い管)を用いて行われる「コイル塞栓術」が行われることがあります。

不安かとは思いますが、自分が納得するまで主治医と相談をして治療を受けましょう。


関連記事:こめかみがズキンとする頭痛!原因となる事をチェックして!

スポンサーリンク


群発頭痛

目の周囲から側頭部にかけて、キリキリとした激しい痛みが起こります。

片側だけで起こることが多いです。

20~30代の若者、特に男性に多く発症する病気と言われています。


比較的狭い震源域において断続的に地震が多発する「群発地震」から名づけられたとも言われています。


群発頭痛は1日のうちほぼ決まった時間に連日定期的に生じ、持続時間がほぼ一定であることから脳の体内時計に関係しているとも考えられています。

またアルコール・喫煙で群発頭痛が誘発されることも知られていますので、群発期の飲酒・喫煙は控えた方が良いでしょう。

病院は神経内科もしくは頭痛外来を受診しましょう。


関連記事:偏頭痛と頭痛の違いは?吐き気や発熱などの症状が併発してたら注意!

まとめ

目の奥に痛みを感じたら、まずは眼精疲労を疑い、目を休ませるようにしましょう。

ホットタオルを目の上に置いて、血行を促進させるとより効果的です。


それでも痛みが続く場合や、痛みが出たり出なかったりを繰り返している場合は病気を疑いますので、視覚障害が出ている場合は眼科、頭痛や吐き気といった症状がある場合は脳神経科を受診するようにしましょう。


それでも何科を受診するか迷った場合は、とりあえず内科を受診して紹介状を書いてもらうと良いかも知れません。


関連記事:片目の視界がぼやけるのは病気?6つの原因と治療法を解説!

スポンサーリンク


このページの先頭へ