足がムズムズする感じがする!眠れないこともある原因や解消法は?

脚


寝ようとすると、なんだか足がムズムズして気持ちが悪い感じがする、足を触ってみても特に何かがついているわけでは無い。

でも、気になって気になって眠れない、この様な症状は大変不快です。

このような症状が続くことを「むずむず脚症候群」や「レストレスレッグス症候群」と言われます。

(レストレスレッグスは英語で、足が休まない、という意味です)


毎日毎日この「足がムズムズ」する症状が続くと当然、毎日眠れないので体調がどんどん悪くなってしまいます。

そこでこの記事では、足がムズムズする感じが続く原因や解消法をお伝えしていきます。

むずむず脚症候群とは?

その名の通り、足がムズムズして気持ちが悪い感じになったり、足がムズムズするせいで気になってイライラしてしまう状態を言います。


感じ方としては、足に虫が這っている気がしたり、チクチクした痛みがあるような気がしたり、妙に足がムズムズする、などいろいろあります。


これは、睡眠時に特に症状が気になり眠りにくくなることから、睡眠障害の一種であると言われます。

足の表面がムズムズするというよりも、足の中が気持ち悪く感じる人が圧倒的に多く、症状が酷い場合だと慢性的な睡眠不足になることもあります。

大きな精神的ストレスにもなるために、心身共に負担が多いです。


これは、日本人口の約10パーセント近くの人が経験したことがあると言われており、この数字は決して少ないものではありません。

症状が強く出るのは、足の裏よりもふくらはぎが多く、次に太ももです。足首や足の裏は意外と少ないです。


初めは片足の一部だけだったのに、どんどん悪化して両足全体に症状が起こるようになったという人もいます。

また足だけでなく、症状がどんどん酷くなるにつれ、手などにも症状が現れることもあります。


関連記事はこちら↓↓
ふくらはぎを押すとへこむ原因は?戻らない場合に気を付ける病気は?

スポンサーリンク


むずむず脚症候群の原因は?

むずむず脚症候群を発症する原因は、一次性のものと、二次性のものに分類されます。

一次性の原因

一次性の原因は、特に原因がはっきりと分からない場合です。しかし、原因として考えられているものがいくつかあります。

脳内神経伝達物質の異常
脳内の神経伝達物質に、運動機能や足先などをコントロールするドーパミンと言われる物質があります。

このドーパミンの作用に何らかの障害が生じたりすると、足がムズムズするのではないかと言われます。

この場合は、主にストレスを多く受けている人や、自律神経が乱れがちの人に多くみられそうです。

鉄分不足
子の鉄分は、ドーパミンを生成するために必要なものです。

この鉄分が不足するとドーパミンがうまく生成されなくなり、足がムズムズするのではないかと言われます。

鉄分不足は、男性よりも女性に多くみられると言われています。

遺伝的なもの
一次性のむずむず脚症候群の場合は、半数以上の人が家族にも同様の症状が出ている人が多く、遺伝的な問題ではないかと言われます。

約60パーセントの割合で、家族にも同様の症状が出ているということなので、日本人口の10パーセントと割合と発症比率が合致しそうです。

スポンサーリンク


二次性の原因

二次性の原因には、封用している薬の影響だったり、病気などが関係している場合です。それぞれ見てみましょう。

鉄分不足による貧血
鉄分不足による慢性的な貧血の人が特に多くいるといわれます。

これは、一次性の場合でいうところの鉄分不足ということですので、ドーパミンの影響があるのではないかと推測できます。

その他
関節リウマチの人や、脊髄疾患を患っている人、パーキンソン病や多発神経炎などを患っている人が多く発症しています。

これらを見ると、やはりドーパミンが影響しているのではないかと考えることが出来ます。

しかし、推測の域を超えないのが現状です。

服用している薬によるもの
時に抗精神病薬、抗うつ剤、アレルギーのための治療薬などの副作用の一種として、足がムズムズする症状が現れる可能性があります。

どれも直接脳に作用する強力な作用の薬です。

生活習慣
日常的にコーヒーをよく飲み、カフェインを多くとっている人や、喫煙している人お酒をよく飲む人なども、むずむず脚症候群になる要因を持っていると言われます。


どれも過剰摂取は身体に良くないものであり、特に摂取しなくても健康上は何ら不足する問題などがないものですから、生活習慣病のようなものであると推測できます。

しかし、これらを過剰摂取していても発症する確率が不明瞭であるため、可能性としては考えにくいのかもしれません。


関連記事はこちら↓↓
手足のほてりが原因で眠れない!絶対にやってはいけないことは?

スポンサーリンク


症状の改善方法はある?

足がムズムズして眠れないなどの症状がある場合は、睡眠障害を起こしていますので、病院へ行きましょう。

むずむず脚症候群の場合、どの病院へ行けばいいかわかりにくいですが、睡眠障害を専門としている病院が望ましいです。


大きな病院だと睡眠外来などがありますし、現在では睡眠障害で悩んでいる人向けのクリニックなども多数開院しています。

薬の服用による治療法は、ドーパミンの伝達を促進する作用のある薬を服用します。


また、てんかん発作が起きないために用いられる薬を服用して症状が改善されることもあります。

作用が強く危険なものですので、しっかり医師の指示を守るようにしてください。


脚


すぐにでも自分で改善したいという人は、まず喫煙しているなら禁煙し、アルコールなどをやめ、コーヒーなどを飲まないよう心がけましょう。

どちらにせよ身体的影響はあまりよくないものですので、止めて損はありません。


食事内容などに気を付け、特に鉄分を多く含んでいるものを食べるようにしましょう。

鉄分不足は、貧血で倒れたりすることもあるため、一石二鳥です。


また現代では慢性的な運動不足が問題視されています。

運動不足により血流が悪くなり、身体に様々な悪影響を生み出すことがありますので、軽く歩いたり適度な運動を心がけましょう。

適度な運動は、適度に身体を疲れさせてくれますので、睡眠の質を高めてくれますので、睡眠の質が悪い人には特に効果的です。


関連記事はこちら↓↓
こむら返りを予防したい!痛みが残る場合の対処法や原因もチェック!

まとめ

むずむず脚症候群は、生活習慣の質を高め、病気の治療をしっかり行ったり、病気が改善されると症状も改善されます。

治らないものではないため、気になる人はすぐに病院へ行きしっかり検査を行い、適切な治療を行いましょう。


関連記事はこちら↓↓
足の裏の違和感の原因は?何かを踏んでる感じがする症状の治し方は?

スポンサーリンク


このページの先頭へ