右脇腹が痛い原因は?チクチクして不快な時にチェックしたい病気!

右脇腹が痛い原因は?


右脇腹が痛くなったときにはどんな痛みがありますか??

チクチク痛む、ズキズキ痛む、打ち付けられるような痛み、など様々な痛みの感じ方がありかと思います。

基本的には、右脇腹の痛みや違和感があったりした場合でも、すぐに痛みがなくなると思います。

しかし、痛みが続くようでしたら病気の疑いが出てきます。

今回の記事では、どんな時に右脇腹痛や背中に痛みがでるのかを書いていきますので、何かの参考にして下さい。

スポンサーリンク


右脇腹に痛みが出る原因は?

痛みは内臓からのサインとも良く言われますが、右の痛みはどんな病気からの痛みになるのでしょうか?


お腹には胃、腸、腎臓、肝臓など重要な臓器や器官が詰まっています。腹痛が起こると、どこかの内臓が悪いのか、とても気になります。

右側の脇腹が痛い場合、それは重病のサインなのか、どのような病気や症状が隠れているのでしょうか?

右側の脇腹が痛む時に考えられる病気は筋肉痛、帯状疱疹、胆石症、尿路結石、腹膜炎、癌、便秘が主たる原因と考えられます。

便秘

便秘は下腹部が痛むと思われがちですが便秘が原因で、脇腹が痛むこともあります。

それと同様に、腸にガスがたまると、右脇腹が強い痛みを感じることがあります。

ガスは排便しきれない便が腸に溜まり、そして腐ってガスになるので、慢性的な便秘の方に見られます。

虫垂炎(盲腸)

虫垂炎が原因で虫垂の右下腹部から右脇腹に痛みを感じる腹膜炎の場合、発熱、吐き気や嘔吐などの症状が起こりショック状態に陥る可能性もあります。


関連記事はこちら↓↓
虫垂炎の初期症状はコレ!最初の痛みは意外なアソコ!

尿路結石

右脇腹が痛い原因は?


他にも尿路結石も右側脇腹の痛みを感じる男性に多い腎臓の病気ですが、尿路は腎杯、腎盂、尿管、膀胱、尿道に分けられ腎杯や腎盂に結石ができた場合、症状は比較的に少ないです。

腎臓は右と左にありますがこの痛みは右脇腹にも左脇腹にも現れることがあります。

右側に大きな結石があれば痛みも激しくなります。

帯状疱疹

帯状疱疹の痛みは神経痛のような痛みが出るのが代表的です。

痛みは胸、腰部分、背中、顔の片側に痛みがでることがほとんどで腹部は自分では目に入らない部分なので痛みは奥の方でチクチク感じます。

胆石症

胆石症は胆道に結石ができる病気です。

胆道は肝臓で作られた胆汁が胆のうに送られる道であり途中、結石ができると右脇腹に痛みを感じます。

原因はいろいろありますがストレスや生活リズムの乱れも原因となる場合があります。

癌の中でも大腸癌、肝臓癌、腎臓癌は右脇腹に痛みを感じます。

スポンサーリンク


背中も痛む原因は?

右脇腹が痛い原因は?

胃・膵臓
胃が疲労を感じていると、左上の背中付近の張りや凝りで痛みます。

膵臓の病気は背中の凝りや張りを感じます。

膵臓からの神経と、背中の中央からの神経は脊髄内で同じルートを共有しているので、脳は膵臓の痛みと背中の凝りと取り違えて背中が痛みます。

原因は膵臓癌の進行期の症状で膵管を圧迫して起こります。

もともと膵臓は胃の裏側にある臓器ですので、お腹のほうにも背中のほうにも症状が出てくる可能性が高いです。


関連記事はこちら↓↓
背中の真ん中の痛み!息苦しい鈍痛が続く病気について解説!

腎臓
そして背中の痛みや張りは腎臓が腫れると言うより、むくんだ状態になることがあります。

そうなってしまうと、肋骨の下部がありますので圧迫されて張って痛みます。じっとしていても痛みを感じるような状態になるのです。

血液検査の結果などを伺っても特に腎臓の数値で病気を疑われることはありません。

腎臓機能の働きである血液をきれいにし、尿をつくる働きには問題がない確率が高いと思います。

関連記事はこちら↓↓
尿が泡立つ原因は?これは病気の症状なの?何科に行けば良いの?

まとめ

内蔵疾患ではない背中が張ってすごく痛いという女性は今まで、凝りを感じてなかってけれど何らかの原因で背中の筋肉が疲労を起こし


黄体ホルモンの分泌が多い高温期に入って、交感神経の働きが強まったために、背中に強い凝りを感じているのです。


もし、背中の痛みが長く続き整形外科などを受診しても異常が見られなかった場合は、内科や消化器科などを受診してみてはいかがでしょうか?


なにかの病気につながる可能性があると思います。

そして背中に痛みが起こると自分でこの病気ではないかと思われがちですが、そうとも限りません。

心臓や胃腸が原因の可能性もあるかもしれません。

特に腸の病気は、による膵臓の肥大の様な症状で下痢や左背部痛などが起こりやすいので、一度検査を受けることが大切です。


スポンサーリンク


このページの先頭へ