産後の生理再開は時期や量は?予兆があるかも気になる!

当サイトでは、できるだけ分かりやすく、正確な情報をお伝えするため「看護師」「理学療法士」「介護福祉士」「薬剤師」などの医療関係者の監修の元に記事を作成しています。

記事を参考という形で読んでいただき、病院を受診する際の参考にしてください。

産後の生理再開は時期や量は?予兆があるかも気になる!

生理再開の時期


女性は妊娠から出産、産後と生理がなくなり赤ちゃんをお腹で育て誕生させるという大きな役割のもと身体が大きく変化していきます。


産後の生理開始時期に関しては個人差があります。

女性は出産と同時に赤ちゃんの育児が即スタートし、24時間関係ない授乳やおむつ替えなど心身ともに大変な生活へと変化します。


生活リズムの乱れや育児のストレスなどから、ホルモンバランスまで乱れることなど生理再開には色々な要因でも個人差が出てきます。


また初産の高齢化にともない、次の子どもをすぐに考えるお母さんも多くなってきました。

産後の生理再開がいったいいつからなのか、また時期や量についてみていきましょう。

スポンサーリンク


産後の生理再開の時期

個人差がある産後の生理再開は、約7~8割の方が産後8カ月までに再開すると言われています。

一般的に、授乳中は排卵が起こりにくい、生理再開しにくいと言われていますが、生理再開に大きく影響するのが「プロラクチン」というホルモンです。


母乳分泌するためのホルモン「プロラクチン」の影響で、排卵機能がストップされるからです。


断乳後、1か月で体内のプロラクチンが正常値に戻り、1~3か月以内に月経が再開すると言われ、ミルクの場合は産後2~4カ月、母乳の場合は産後6~10カ月で生理が再開されるのが一般的です。


基本的に授乳中は無排卵月経となります。




関連記事:女性で下腹部に違和感・痛みがある8つの原因と気をつけたい事!

生理再開と次の妊娠準備

生理再開の時期


出産後の生理がいつ再開するのか?

という疑問は多くのお母さんが抱いているかと思います。

出来るだけ遅くきて欲しいという人もいれば、次の子を早く授かりたいという人もいることでしょう。


産後の生理再開は、次の妊娠の準備が出来たという身体のサインです。

生理が再開していないからといって、排卵がないということではなく場合によっては生理の再開がまだなのに排卵だけが始まることもあります。


生理の再開を待たずに次の妊娠をしてしまうことも大いにありますから、まだ妊娠したくないという人は生理再開前と安心せずに避妊をするようにしましょう。

スポンサーリンク


生理再開 個人差の理由

一般的に母乳育児の人は生理再開が遅くなりがちと言われています。


授乳中は排卵が起こりにくいと先に述べましたが、これも夜だけ赤ちゃんに授乳している人やミルクと混合で授乳している人などの育児の状況の違いによっても再開時期が前後する可能性があります。


ホルモン分泌は夜間に行われるといわれていますから、夜間の授乳をしている人は特に生理再開が遅れる傾向があります。


また、産前産後に関わらず「ストレス」で生理が来ないということがあります。

産後はとくに慣れない育児による疲れやストレス、生活サイクルの乱れなどからホルモンバランスが崩れやすくなり、生理の再開が遅れたり生理周期が乱れたりすることがあります。


産後の生理再開はいつから!という事が出来ません。

早い人だと産後2カ月から生理が来たという人もいれば産後1年を経過してもまだ生理が再開しないという人もいます。


生理再開は平均すると14.6カ月と言われています。そのために生理が来ないからといって過度に心配する必要はありません。


産後の女性の身体は、ご自分で思っているよりもデリケートで心や身体のバランスが崩れているものです。

気付かないうちに大きくダメージを受けているのも事実。ご自分の心と体を大切に、ゆっくりと赤ちゃんと向き合い産後の身体の回復を待ちましょう。


産後1年半を過ぎても、生理が再開しない、もしくは断乳後3か月以上経つのに生理が再開しない場合はブロラクチンの分泌が多く排卵障害を起こしている可能性がありますので産婦人科の医師に相談しましょう。



関連記事:女性で微熱が続く原因は?特別な病気がないのに続くこともあるの?

スポンサーリンク


産後の生理の量はどれくらい?

生理再開の時期


妊娠前と産後の生理の出血量、また生理痛の重さが変わったという人もいます。

これはよくあることで、女性の身体が出産を機に子宮内の環境が変化したことが原因といわれています。


生理と生理の間に2~3日の出血がある人もいますが、排卵出血と呼ばれる生理現象のために心配する必要はありません。


ただし生理から出血がだらだらと長引く場合は、不正出血の可能性がありますから、生理の出血量や色、生理痛の重さがいつもと違うと感じた場合には一度婦人科の受診をしましょう。



関連記事:橋本病が原因で生理が来ない!考えられる病気を徹底解説!

まとめ 生理再開の見極めと予兆

生理再開が早い場合は悪露と生理が並行してくることもありますので、生理かどうかの判断が難しくなります。


悪露は産後1か月程度続くもので、長い人だと産後8週間以上続くといわれます。

そのために、生理再開が2カ月ほどでくる人は悪露のおさまりを確認することなく生理再開といった場合があります。


大抵は悪露が白っぽく変化し始めたときに、鮮血の出血が始まったことで生理再開を疑うようです。

ただ、不正出血との見極めが難しく次の生理と毎月定期的に出血があって初めて生理再開を確認できます。


よって、予兆などはあまり分からないとされているのではないでしょうか。


不正出血であるとすると自己判断が非常に難しいために、なかなか出血が収まらないなど不快な症状が続くようでしたら必ず専門医師を受診しましょう。



関連記事:妊娠初期に鼻血が頻繁に出るのが心配!原因を徹底解説!

スポンサーリンク



このページの先頭へ